スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷え性に温冷浴

冷え性に半身浴は、ポピュラーなものなので、実践している方も多いですが、温冷浴というのもまた効果的です。

温冷浴は水浴と温浴を繰り返し行う入浴法です。
自宅で行うのであれば、まず40℃から43℃の熱めのお湯に3分ほどつかってください。
そして次に冷水のシャワーを浴びます。
冷水のシャワーは水風呂よりも冷たく感じる傾向にあるので無理をせずに30℃位の水で行いましょう。
30℃の水でも、無理をするのは危険です。
まずは、手先と足先だけにかけて冷やします。
徐々に慣れてきたら範囲を広げるようにしましょう。
これを、10回弱繰り返し、最後は水浴で終了します。

温冷浴は、冷え症だけでなく疲労回復や自律神経のバランスを整えるのに効果が見込めます。
また、リフレッシュ効果もあるので、ストレスにも良いと言われています。
普段仕事などで疲れている方は試してみてはいかがでしょうか。

また、女性の美容の悩みで多い、セルライトにも効果があります。
セルライトは自分で除去することは難しいと言われています。
セルライトを減らすケアとして温冷浴を試してみるのも良いかもしれません。

慣れないうちは無理をせずに、身体と相談しながら温冷浴を始めてみましょう。

テーマ : 健康、マッサージ、ダイエットで癒されたい
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : 冷え症 予防

冷え性と新陳代謝と入浴

冷え性を改善するには、新陳代謝をアップさせることが重要なのですが、自宅でもできる代謝を上げる方法と言えば、入浴です。
半身浴や足湯などゆっくりとお湯につかることで新陳代謝がよくなり、冷え性は改善へと向かいます。

最近では、夏場などシャワーだけで済ませる方も少なくありません。
しかし、シャワーでは、身体を温める効果はまったくないと言って良いです。
現代人に冷え症が多い理由のひとつかもしれないくらいです。

入浴するといっても、入ってすぐ上がるのでは意味がありません。
ぬるめのお湯にゆっくりとつかるのが効果的なのです。

血液の循環を良くさせることが代謝を上げることにつながります。
入浴中に、マッサージを同時にすれば、身体も温まり、効果はさらに強まるでしょう。

また、ゲルマニウム入りの入浴剤も良いです。
ゲルマニウム温浴は、手と足を温めるだけでも効果的であり、発汗作用で毒素を排出してくれます。
ゲルマニウム温浴は、驚くほど汗をかきます。
最初はじんわりする程度だとしても、継続することによって汗の量も増加し代謝も上がります。

テーマ : 健康、マッサージ、ダイエットで癒されたい
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : 冷え症 予防 入浴

ふくらはぎの保温

冷え性の女性の多くは、足先の冷えに悩まされていると思います。
そして、靴下の重ね履きでしのいでいる方も多いと思いますが、意外と見落としがちなのがふくらはぎから足首までの保温です。

足は身体の中でも血液の循環が悪くなりやすく、冷えやすい部分と言えます。
そこで足先の冷えを改善する為には、血液を足先まで届ける必要があります。

心臓を出発した血液は、太ももを通ってふくらはぎへと進みますが、太ももには筋肉があるので血液の温度が保たれます。
しかし筋肉の少ないふくらはぎに来ると、血液の温度が下がってしまいます。
血液が冷え切っている足先を温めるよりも、足先へ向かっている途中の血液の冷えを防ぐ方が効果的とも言えます。

レッグウォーマーを取り入れると冷え性対策になると思います。
選ぶ際は、血行を邪魔しないようにあまり締め付けないものを選んでください。

テーマ : 健康、マッサージ、ダイエットで癒されたい
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : 冷え症 予防

冷え性と睡眠

冷え性の方は、なかなか寝付けないという方も多いようです。
快適な睡眠は健康上でも大切なことですので、うまく足を暖めてあげたりして、ぐっすり眠れるようにしたいものです。

足を暖めるのに一番手早い方法は、靴下を履くことです。
5本指ソックス健康法がまさにその役目を果たしますね。
また、湯たんぽなどを入れるのも選択肢のひとつです。

温めるほかにも、血液の循環を損なわないように姿勢良く寝ると言うことも大切です。
足枕などを入れて足を高くして寝てみてください。
下半身に溜まった血液を循環させることができるので、体温低下を防ぐことができます。

そして、布団ですが軽い素材の布団は、重みがない分、肩や首がスースーしてしまいます。
寝苦しくならない範囲で重みのある布団に変えてみるのも選択のうちのひとつです。

テーマ : 健康、マッサージ、ダイエットで癒されたい
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : 冷え症 予防 睡眠

ツボ刺激で冷え性対策 後編

・足のツボ
足には多くのツボが存在しています。
港区 オイルマッサージも良いですが、ツボ刺激も効果的です。
冷え性だと血液の循環が悪い箇所でもあるので重点的に刺激していきましょう。

1 湧泉(ゆうせん)
足裏にあります。
足の裏の中心より少し上部(足の指を曲げた時にちょうどくぼみができる所)が湧泉です。

2 三陰交(さんいんこう)
まず、足の内側、くるぶしから指4本をあてててください。
そして4本目の指のすぐ上にあるのが三陰交です。
ちなみに生理不順にも効果があります。

3 足三里(あしさんり)
膝を折り曲げ、皿の外側のくぼみから指4本分下にあるのがの足三里です。
足の疲労などに効果があります。

・身体のツボ

1 中院(ちゅういん)
お臍の上から親指を抜かした指4本分上にあるのが中院です。

2 天枢(てんすう)
お臍の両隣にあるのが天枢です。
お臍より、指3本分わきを押して下さい。

3 関元(かんげん)
お臍の下にあるのが関元です。
お臍より指3本分下を刺激します。

・腕のツボ

4 曲池(きょくち)
腕を曲げた時にできるしわの外側が曲池です。

・手のツボ

5 合谷(ごうこく)
親指と人差し指の間、手の甲を押して下さい。

荒川区 出張マッサージでも尋ねてください。

テーマ : 健康、マッサージ、ダイエットで癒されたい
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : 冷え症 予防 ツボ

プロフィール

makekenkou

Author:makekenkou
よろしくです

最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

冷え症 予防 改善 食物 ツボ 足湯 原因 漢方薬  腹巻 症状 種類 栄養 ウォーキング 体操 体を冷やす 食べ物 ツボマッサージ 鉄分不足 こんにゃく湿布 入浴剤 冷え性 運動 睡眠 入浴 湯たんぽ 

リンク
月別アーカイブ
ランキング
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 健康ブログ 冷え性へ

フィードメーター - 冷え性改善のために -各種冷え取り健康法-

ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank

スカウター : 冷え性改善のために -各種冷え取り健康法-



  • SEOブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。