スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷え性に足湯、実践編

まずは足湯に必要な道具を揃えます。

・両足が入る大きさのバケツ類
・イス
・タオル
・敷物
・お湯をつぎ足すためのポットかやかん

足湯を始めたら暫くは動けませんので、本やリモコンなど、その間に必要なものも用意しておきましょう。

準備ができたら、バケツに40℃前後のお湯を入れます。
お湯の深さはふくらはぎの真ん中くらいまでが良いでしょう。
入浴剤を使いたい人は入れて、そのまま最低でも10分から20分程度、足をつけておきます。
途中でお湯の温度が下がらないように足し湯をします。
お湯が冷めてしまうと効果がないので、常に40℃前後を保つようにしてください。

足湯の後は、しっかりと水分を拭き取ります。
特に足指の間を丁寧に拭いて、すぐに靴下を履いて保温しましょう。

さて、こたつやストーブで足を温めるのと足湯は、どこに違いがあるのでしょうか。
足湯には足の温めとともに、足指の間から老廃物が排出されるというデトックス効果があります。
血液中の老廃物が排出されるので、血液がサラサラになります。
さらに下半身からじわじわ温まってくる足湯は、冷え症に良いだけでなく足のむくみや疲れをとるのにも効果的です。
スポンサーサイト

テーマ : 健康、マッサージ、ダイエットで癒されたい
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : 冷え症 予防 足湯 改善

足湯で冷え性とむくみを改善

冷え性に対して効果的なことで、手軽にできるのが足湯です。
温泉街の端にあったり、地方の駅にあったりもしますね。
体験したことのある方も多いと思います。

足湯は、ぬるめのお湯に足をつけるだけのことになります。
足先からじんわりと身体全体を温めるので、20分~40分行います。

足湯は自宅でも、テレビや本を見ながら気軽に行うことができます。

そして、足湯はむくみにも効果的です。
普段立ち仕事をしていたり、ハイヒールを履いている女性は、むくみに悩まされていることも多いと思います。
足のむくみはその日に取らないと、身体に蓄積して脂肪となってしまいます。

足湯と同時にリンパマッサージをすることで、血液の循環も良くなり、更にむくみ解消効果も上がります。

また、手も同時にお湯につけてハンドバスをすれば、また更に効果が強まるでしょう。
新陳代謝がよくなってくると、お湯につけてすぐに汗をかくようになります。
汗を大量にかくのは、代謝が良くなっている証拠になります。

気軽にできて、冷え性やむくみに効果のあるのが足湯です。

テーマ : 健康、マッサージ、ダイエットで癒されたい
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : 冷え症 予防 改善 足湯

冷え性の改善に入浴剤

冷え性の改善としてマッサージ 新宿も優れていますが、ゆっくりと入浴し、身体の芯まで温めて、血液の循環を良くするのは大切なポイントになってきます。
そして、毎日の入浴に、入浴剤をプラスすることでその効果を促進させてくれると思います。

入浴剤といえば、今では非常に多くの種類や効能があります。
最近では入浴剤専門のショップもあるくらいですもんね。
ただその中には、香りだけの効果のものも少なくないので、冷え性対策には、しっかりと身体を温めてくれるのを手伝ってくれるようなものを選んでください。

また、発汗作用があるということで硫黄が入っているものがありますが、バスタブに色素が沈着してしまうことがあるので注意してくださいね。
入浴剤には色のあるものがほとんどですから、お湯を洗濯に使うときなどは色が移ってしますことがあります。
あらかじめ残り湯を使うことができるのかマッサージ スクールで確認しておきましょう。

他にも家にあるもので手軽に入浴剤はできます。
岩塩などの自然塩を浴槽にひとつかみ入れることでも効果があります。
そのほかにも生姜や菖蒲湯なども良いです。
みかんの皮を干したものも香りが大変良いので、リラックス効果も期待できます。

テーマ : 健康、マッサージ、ダイエットで癒されたい
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : 冷え症 予防 入浴剤

冷え性に温冷浴

冷え性に半身浴は、ポピュラーなものなので、実践している方も多いですが、温冷浴というのもまた効果的です。

温冷浴は水浴と温浴を繰り返し行う入浴法です。
自宅で行うのであれば、まず40℃から43℃の熱めのお湯に3分ほどつかってください。
そして次に冷水のシャワーを浴びます。
冷水のシャワーは水風呂よりも冷たく感じる傾向にあるので無理をせずに30℃位の水で行いましょう。
30℃の水でも、無理をするのは危険です。
まずは、手先と足先だけにかけて冷やします。
徐々に慣れてきたら範囲を広げるようにしましょう。
これを、10回弱繰り返し、最後は水浴で終了します。

温冷浴は、冷え症だけでなく疲労回復や自律神経のバランスを整えるのに効果が見込めます。
また、リフレッシュ効果もあるので、ストレスにも良いと言われています。
普段仕事などで疲れている方は試してみてはいかがでしょうか。

また、女性の美容の悩みで多い、セルライトにも効果があります。
セルライトは自分で除去することは難しいと言われています。
セルライトを減らすケアとして温冷浴を試してみるのも良いかもしれません。

慣れないうちは無理をせずに、身体と相談しながら温冷浴を始めてみましょう。

テーマ : 健康、マッサージ、ダイエットで癒されたい
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : 冷え症 予防

冷え性と新陳代謝と入浴

冷え性を改善するには、新陳代謝をアップさせることが重要なのですが、自宅でもできる代謝を上げる方法と言えば、入浴です。
半身浴や足湯などゆっくりとお湯につかることで新陳代謝がよくなり、冷え性は改善へと向かいます。

最近では、夏場などシャワーだけで済ませる方も少なくありません。
しかし、シャワーでは、身体を温める効果はまったくないと言って良いです。
現代人に冷え症が多い理由のひとつかもしれないくらいです。

入浴するといっても、入ってすぐ上がるのでは意味がありません。
ぬるめのお湯にゆっくりとつかるのが効果的なのです。

血液の循環を良くさせることが代謝を上げることにつながります。
入浴中に、マッサージを同時にすれば、身体も温まり、効果はさらに強まるでしょう。

また、ゲルマニウム入りの入浴剤も良いです。
ゲルマニウム温浴は、手と足を温めるだけでも効果的であり、発汗作用で毒素を排出してくれます。
ゲルマニウム温浴は、驚くほど汗をかきます。
最初はじんわりする程度だとしても、継続することによって汗の量も増加し代謝も上がります。

テーマ : 健康、マッサージ、ダイエットで癒されたい
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : 冷え症 予防 入浴

プロフィール

makekenkou

Author:makekenkou
よろしくです

最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

冷え症 予防 改善 食物 ツボ 足湯 原因 漢方薬  腹巻 症状 種類 栄養 ウォーキング 体操 体を冷やす 食べ物 ツボマッサージ 鉄分不足 こんにゃく湿布 入浴剤 冷え性 運動 睡眠 入浴 湯たんぽ 

リンク
月別アーカイブ
ランキング
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 健康ブログ 冷え性へ

フィードメーター - 冷え性改善のために -各種冷え取り健康法-

ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank

スカウター : 冷え性改善のために -各種冷え取り健康法-



  • SEOブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。